Introduce 中途入社社員紹介

中途入社社員紹介:Kozue - レバレジーズ中途採用情報

前職では何をしていて、なぜ転職しようと思ったのか?

前職は、新卒で入社した人材派遣会社で、法人営業やコーディネーター業務、などを行っていました。転職のきっかけは、その月に成果を上げた個人に送られる『VP賞』を部署で初めて受賞したことです。
約4年間にわたり数値目標を達成し、いわゆる『戦闘』部分のスキルを身につけましたし、「やりきった」という充足感と自信もありました。
常に「もっと『戦略・戦術』部分のスキルも身につけたい」と考えていたこと、それも理由の1つですね。

なぜレバレジーズに入社したか?

0→1の経験が積めること・「人」の魅力が主な理由です。
転職の際は、勤務地は国内外問わず、グローバルに活躍できる×人事職という大きく2つの軸で仕事を探しておりました。
そして、シンガポールの人材サービス会社や、大手外資系コンサルティングファームなどの国内外の複数の企業から内定をいただいていたんです。
その中で、改めて入社後の働き方を考えてみたときに、「既存の仕組みをブラッシュアップする力」よりも、「自分でゼロから仕組みを作り上げていく力」こそ市場価値があるし、自分が身につけたいスキルだと思いました。
だから、既に整った環境のある大企業よりも、ゼロから環境を作っていく機会にあふれたベンチャー企業であるレバレジーズに入社し、チャレンジする道を選んだんです。
レバレジーズは社員数は増えていますが、まだ若い会社で、人事としての機能も役割も、自分で提案し、新しく作っていけると思いました。それに、海外進出の初期フェーズから携われるのも魅力でした。
でも決め手は、社長を始めとしたレバレジーズの「人」に、心底魅了されたところですね。人事という仕事をしていくということもあり、一緒に働きたいと思える人が集まっていることは私にとって重要でした。
「私もこの会社の一員になって、さらに魅力的な人材を引き入れていけたらいいな」と、考えるより先に心が動いていたんです。

レバレジーズでの仕事内容や働き方

入社後、初めの業務は新卒採用業務。その後、中途採用業務へ異動し、今はその責任者を務めております。また、その傍ら広報も担当。
今は妊娠中なので時差通勤をさせてもらっています。1日の流れとしては、9時半に出勤してチームミーティングに参加、面接や書類選考などのプレイング業務をする一方、採用計画策定や施策の企画、メンバーフォローなど、マネジメント業務が中心で、同時に広報関連のライティングや社内調整などを行っています。 これらの業務を行っているとあっという間に定時になり帰宅、という形ですね。退社後は自炊を行なって、子供が生まれるのを見越して早寝早起きを心がけています。
独身の頃は仕事帰りに同僚とよく飲みに行っていましたが、今は身重のためランチに社内メンバーとのコミュニケーションを図るのが日々の楽しみです。

レバレジーズに入って気づいたことは?

実は、入社する前はリクルートグループもベンチャーもそこまでスピード感に違いはないだろうと思っていたんです。
ただ、いざ入社してみると意思決定の早さと裁量権の多さに驚きました。
「こういうの面白いそうなんですけど」と提案すると、「じゃあやってみて。」とその場ですぐにその企画を任せていただけますし、「これ誰かやってますか?」と聞くと「やってないから、やりたかったらやっていいよ。」など、すぐに裁量権が回ってきます。
手を上げたことがきっかけで、社内の表彰制度や全社イベント企画、広報業務など採用以外のことも幅広く経験させていただいています。
今後は、「働くママ」の一員として、ママが活躍しやすい環境作りや制度作りも強化していきたいですね。

休日の過ごし方

10月に子供が生まれる予定なので、旦那さんと2人で過ごす時間を大切にしています。(2014年10月、執筆は2014年6月)
最近引っ越ししたばかりなので、家具を見に行ったり、ピクニックに行ったり。外食することも多いですが、お互い仕事が好きなので、ついつい仕事の話をしてしまいます(笑)。