Guide 募集要項

募集要項 - レバレジーズ中途採用情報

レバレジーズ株式会社は2005年に設立されました。そして、IT・人材・メディアの3つの事業ドメインにおいて活動する会社に変化を遂げてきました。『顧客の創造を通じて関係者全員の幸福を追求し、各個人の成長を促す』という理念の元、圧倒的に個が成長し、世界一競争優位性が高く付加価値の高い企業を本気で目指しています。 レバレジーズでは現在、様々な経験を持つ中途採用者の募集に力を入れています。幅広い分野の経験者が、個々の能力・個性を最大限に活かし、活躍できる組織作りをすすめ、世の中のニーズに応え続ける“多角的視点”に立った戦略を常に発信していきます。 あなたの持っている経験は何ですか?あなたの良さは?レバレジーズは人を尊重する会社です。全社員が自分を生かし、仲間を活かし、時代を動かす人へと進化しています。 理念・ビジョンに共感した方、是非一緒にレバレジーズを通して時代を動かす主役になりませんか?
マーケティング
事業の大きな柱としての自社メディア。今後、サイト数を増や し、急拡大させていくフェーズにあります。その主力メンバーとして、サイト構築や運用、プロモーション全般を担当。代理店や外注業者をほぼ使わずインハウスでノウハウを蓄積している環境で、スピードや品質の競争優位性を高め、業界No.1のレベルを目指しており、具体的にはSEO、リスティング広告、アフィリエイト、純広告、SMO等、事業に合わせて集客スキームを構築して頂きます。
各人それぞれ伸ばしたいスキル、携わりたい案件、積みたいキャリアが違う事を理解している社長だからこそ希望する業務にアサインを検討をしたり、新しい業務にチャレンジ出来る環境、目標設定を重視しています。
詳細を見る
セールス(メディカル事業部)
過去10年間にわたり拡大しつづける医療フィールドで、キャリアコンサルタントとして病院や施設へのコンサルティング営業と、登録者のカウンセリングを兼任します。具体的には、自社のWebサイトにご登録いただいた看護師とキャリア面談の上、お仕事をご紹介していただきます。ご紹介する病院・施設は、担当するエリアの特性などをマーケティングしながら自らが開拓をするというスタイルです。
上記業務だけでなく、将来の幹部候補として、営業戦略の構築から実行、またメディアの制作までを兼任する形で、通常のセールスよりは職域が広くなるため、コミュニケーション力のみならず、「考える力」やリーダーシップ(結果責任を果たす為の自発性)も当然ながら必要とされます。
詳細を見る
セールス(レバテック事業部)
当社で1番歴史が長く、大きな売上を占めているレバテック事業部。
ネット系企業を中心に、Webシステム開発のHR(ヒューマンリソース)の提案営業並びに新規営業を担当。
ただやみくもに案件獲得するのではなく、経営戦略上重要な顧客にターゲティングした上で確実に深耕するスタンスで営業活動を行います。
クライアントの開発プロジェクトの成功と同時に、エンジニアにとってのベストな案件のご紹介、そして当社の事業部の成長の三方満足を考える事が求められます。
また、営業だけでなく、新規施策として、フリーランスエンジニアの方を対象に役立つセミナーの主催、業務フローの仕組み化?改善など、組織の急拡大に伴い担当して頂く業務範囲を広げ職能を高めていく事が可能です。
詳細を見る
Webエンジニア
新たなメディアが次々に生まれていくフェーズにある『メディア・システム部』。多くのサイトの立ち上げていく中で、弊社の自社メディアエンジニア職に求められるのは、外部仕様を作るのと同様にSEOの内部施策を考え、同時にUI・UXの仕様も、自ら最適な方法を提案し最良のメディアを作り上げていく事。また、他のネットメディアの会社と大きく違い、少数精鋭であるため、ネットワークやインフラ等が分業化されておらず、仕様の決定等上流工程からコーディングだけではない、幅広い職域での経験が積む事が可能です。
またキャリアパスを考える上で、弊社クライアントに常駐し、BtoCのプライム大型案件に携わり、サービス企画段階から入り込み最新技術にふれる事も出来るので、幅広いキャリア形成を検討する事が出来ます。
詳細を見る
クリエイター
インターネット上で、デザインに対する仮説が、データとして検証する事が可能になった今、独自性・効果・革新性を圧倒的に向上させていかな ければならないと 考えています。デザインやコーディングだけでなく、ブランディング戦略や効果測定、PDCA体制の構築や研究などサイト全体のボトムアッ プを図ることによ り、クリエイティブを見た人がどのような心理的効果を受けるのか逆算し、デザインにおける人の心理に対する造詣を深める事ができます。
また、クリエイターのみならず、各部門者が担当するサービスや事業の成功に責任を持っています。発言権やプロジェクトメンバーとし ての関わりの深さという点で、自分自身の成長性ややりがいを実感できる環境です。
詳細を見る