採用情報

RECRUIT

未完成だからこそ面白い

CULTURE

自由と責任

CULTURE - 01

関係者全員の幸福を追求する

「社員が楽しそうに働いている」レバレジーズに来社された方からよく聞く言葉です。 その根底にあるのは企業理念にある「関係者全員の幸福」。 この理念にはもちろん私たち自身も含まれます。だからこそ働きやすさを追求することは私たちの使命でもあります。 コミュニケーションを活性化させるための、「事業部間交換留学制度」や社内イベント 、部活動。家族を大切にするため「短時間勤務制度」や社員の家族を招いた「ファミリーデー」などなど。 こうした制度やイベントのほとんどが社員のアイディアから採用されています。

CULTURE - 02

「やってみなよ」が当たり前の文化

裁量の多さ。レバレジーズに根付いている文化です。業務を行う中で様々な改善やチャレンジすべき業務。 そういった業務を自主的に見つけ出し、実行することはレバレジーズでは当たり前。 その背景として社員一人ひとりが1つの考えを大事にしています。 「人のためになることが、自分のためになる。」 お互いに相手を尊重しながらも、時には相手の成長のためにエッジのきいた意見を言うなど、刺激しあいながら働く。 そして、個人が得た成長は、チームや事業部間、時には他社に対してアウトプットしています。

CULTURE - 03

ポジションが次々生まれ、若いメンバーでも事業責任者へ

レバレジーズは第二創業期。事業開発を積極的に行うことによって、新しいポジションが次々と生まれます。 レバレジーズには個々のポテンシャルを信じて任せる文化があり、重要なポジションを担う事業責任者やリーダー層には新卒入社のメンバーが多く就いています。